スマホやPCで目が疲れる理由。目の疲れに効くサプリメント10選

長時間パソコンやスマホを操作していると、目が疲れるという人が多いのではないでしょうか。

目が疲れるからとって、現代においてパソコンやスマホを操作しないわけにはいきません。

そこで今回は、スマホやパソコン作業で目が疲れる理由と、目の疲れに効くサプリメント10選をご紹介いたします!

パソコンやスマホで目が疲れる理由


古いデータではありますが、2008年に厚生労働省が行った調査によると、パソコンやスマートフォン操作で感じる身体的疲労は目の疲れが90%とダントツで1位でした。

スマホやパソコンの操作時間が長い29歳以下の若者では、92%もの人が目の疲れに悩んでいると回答しています。

この調査から、スマホやパソコンを長時間操作した時に、目の疲れを感じる人が多いことが分かります。

では、どうしてスマホやパソコンの操作で目が疲れてしまうのでしょうか?

目が疲れてしまう原因

パソコンやスマホに限らず、現代の液晶画面はほとんどLEDディスプレイとなっています。

LEDディスプレイは、赤・緑・青の三原色で様々な色を生み出すことができますが、その中でも青色であるブルーライトは、380~500ナノメートルと波長が短いことから紫外線に近く、長時間パソコンやスマホを操作し続けることで目の疲れや痛みを引き起こします。

目の疲れを解消する方法

スマホやパソコンの場合、ディスプレイの明るさを変更することができるので、使用している機器の指示に従って、輝度を下げることで目の疲れや痛みを緩和することができます。

また、暗い部屋でスマホやパソコンを操作する場合は、色調整を行ってくれるアプリなどを機動させることで、ブルーライトを軽減することができます。

デスクワークなどで1日の多くをパソコン作業に費やしている場合は、ブルーライトカットメガネを着用したり、ブルーライト軽減フィルターをモニターに貼ることで、目が疲れにくくなります。

目の疲れに効くサプリメント類10選


スマホやパソコンを使用する時間を減らすことができれば良いのですが、なかなか現代においては難しいところがあります。

そこで、サプリメントなど市販の医薬品やサプリメントを摂取することで、手軽に目の疲れを緩和することができます。

また、薬やサプリメントをできれば使用したくない妊婦や授乳期の女性などの場合は、目の疲れを癒すグッズを使用することで、目の疲れを改善することができます。

それでは、目の疲れに効くサプリメント類を10アイテムご紹介いたします!

ソフトサンティア

参天製薬が販売しているソフトサンティアは、スマホやパソコンの操作によって目がしょぼしょぼしたり、目が乾燥している人におすすめの目薬です。

ソフトサンティアは、涙の成分に近い性質を持った人口涙液を使用した目薬のため、目の疲れによるかすみや、目の乾きに効果があります。

また、こちらの商品はコンタクトレンズを着用した状態で使用することができます。

サンテポーティエ

こちらも参天製薬が販売している目薬です。
スマホやパソコンの操作によって、目が疲れて充血している場合に効果がある目薬です。

サンテポーティエには、充血を抑える成分に加え、目にうるおいを与える成分、そして目のかゆみや炎症を抑える成分とビタミンが含まれています。

こちらの商品はハードコンタクトには使用することができますが、ソフトコンタクトの場合は使用できないので注意が必要です。

ソフトサンティアひとみストレッチ

目が疲れてピントが合わない時は、ソフトサンティアひとみストレッチがおすすめです。

疲労して目のピント調節がうまく機能しなくなった筋肉をほぐし、ピントが合うように改善する効果があります。

また、目に栄養を補給するビタミン類を含んでいます。
カラーコンタクト以外のコンタクト全てで使用することができますよ!

ロートV11

目が疲れているのは自覚しているけど、目の疲れによってどんな症状が現れているのかは把握していない人も多いのではないでしょうか。

その場合は、ロート製薬のロートV11がおすすめです。

目の痒みを抑える成分や、充血を抑える成分。
さらにピント調節機能の修復成分に加え、目の栄養となるビタミン類が11種類配合されています。

どの目薬を試せばいいのか分からない場合は、ロートV11でだいたいの症状を緩和することができます。

スマホえんきん

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは、目の疲労を緩和してくれる効果が期待できます。

ファンケルの「スマホえんきん」は、ブルーベリー由来のアントシアニンを配合したサプリメントです。

ファンケル公式通販サイトや、Amazon・楽天などの通販サイト、大手ドラッグストアなどで販売しています。

めなり

テレビCMなど広告を使用せず、口コミだけで話題となっているサプリメントです。

眼精疲労にはアントシアニンが良いのは有名ですが、それ以外にもゼアキサンチンやルテインどの成分も有効と言われています。

「めなり」は、これらの成分を配合しているサプリメントで、その配合率は業界トップクラスです。

通販限定商品のため、公式サイトでしか購入できません。

あずきのチカラ 目もと用

カイロの製造販売メーカーとして有名な、桐灰が販売するあずきのチカラです。

電子レンジでチンすることで、アイマスクに包まれたあずきが温められ、凝り固まった目の筋肉を温めてほぐすことができます。

繰り返し使えるので経済的です。
サプリメントや医薬品の使用を控えたい、妊娠中の方や授乳期の女性も安心して使用することができます。

蒸気でホットアイマスク

こちらの商品も「あずきのチカラ」と似ている商品ですが、蒸気でホットアイマスクは、開封するだけで40度程度にまで温まる使い捨てホットアイマスクです。

家だけでなく、オフィスや旅行・出張先でも使用することができます。

また、ラベンダーセージの良い香りがしますので、熱で目の疲れを癒し、香りでリラックスすることができます。

ブルーライトカットフィルム

パソコンやスマートフォンなどのモニターに貼るフィルムです。

このフィルムを貼ることで、ブルーライトを軽減することができるため、目が疲れにくくなります。

JINS SCREEN

様々なメーカーから、スマホやパソコンの長時間の使用によって眼精疲労の原因となるブルーライトをカットするメガネが販売されています。

その中でもおすすめなのが、JINSのブルーライトカットメガネです。

「JINS SCREEN」は、ブルーライトカット率を25~60%まで自由に選ぶことができる以外に、様々なフレームからブルーライトカットメガネを作ることができます。

度アリ・ナシも選ぶことができるので、自分に合ったブルーライト軽減メガネがきっと見つかります。

まとめ

スマホやパソコンを長時間使用すると、ブルーライトによって目の疲れや痛みを感じやすくなります。

慢性的な目の疲れは、目薬やサプリメント以外に、眼精疲労に効果のある便利グッツを使用することで、目の疲れを緩和することができます。

今回ご紹介したのは、どれも気軽に試せるものばかりですので、目の疲れに悩んでいたら試してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です