介護保険の活用法〜在宅介護から施設入所までの流れを初学者向けに0から説明する

2000年に介護保険サービスがスタートしてからというもの、多くの方に介護サービスが使われるようになりました。

これから高齢化がすすむなかで、介護保険サービスはどんどん変化するでしょうし、それに応じてさらに利用する方は増えてくるでしょう。

でもあまりに多種多様なサービスが増えてきたことで、「介護保険のことがよくわからない」という方もすくなくありません。

ここでは、代表的な介護保険サービスについて紹介し、在宅生活で困ったときに活用できるサービスについてお伝えしていきたいと思います。

こちらも拝読を!

ケアマネージャーのお仕事なら【ベネッセMCM】

もよかったら、初回無料です。

 

訪問介護(ヘルパー)とは

訪問介護サービスとは、介護が必要な在宅で生活する高齢者などにたいして、ヘルパーが在宅にうかがい、必要な介護を提供するサービスのことをいいます。

在宅介護サービスにおいて、基本的なサービスであるといえるでしょう。

ヘルパーが行う業務は、基本的に在宅にすむ利用者の自立を支援していきます。何でもヘルパーがおこなうのではなく、できることは一緒におこなうなど、いつまでも高齢者が主体的に生活ができるよう工夫しながら支援します。

ヘルパーができる業務はおおくあり、大きくわけると「生活援助」「身体介助」になります。

「生活援助」では、高齢者が難しくなった、掃除や洗濯、ゴミ捨て、買い物などを支援します。

「身体介助」では、オムツ交換、入浴介助、食事介助だけではなく、ひとりでの外出が難しい方への支援や病院への通院の付き添いなども行います。

ヘルパーはたんたんと業務をこなしていくのではなく、利用者との信頼関係がとても大事になります。

ヘルパーが丁寧に業務をおこなうことが、安心できる介護サービスであるとの評判に繋がるものになります。

通所介護(ディサービス)、通所リハビリ(ディケア)、認知症対応型通所介護とは

日帰りで施設で過ごすサービスであり、通所介護(ディサービス)、通所リハビリ(ディケア)、認知症対応型通所介護にわけられ、おのおので役割が違います。

ディサービスでは、ひとりで外出することが難しくなった在宅で生活する高齢者などが、送迎車両にのって施設にむかい、日中もしくは半日など過ごすサービスです。ディサービスを利用する理由はさまざまで、ひとりで自宅にいるのが不安であったり、自宅で入浴することが難しかったり、引きこもりを防止したかったりなどになっています。

ディケアは、ディサービスのように日中に施設で過ごしながら、在宅生活に必要なリハビリを集中的に受けることのできるサービスです。ディケアでは理学療法士などのリハビリスタッフも常駐していますので、リハビリを専門的に受けたい人には最適です。

認知症対応型通所介護は地域密着型サービスといわれ、地域に住む認知症を患っている人が落ち着いた環境の中で過ごすことができるサービスです。認知症の人はどんどん増えていますので、これからさらに増えてくるサービスです。

すべて同じようなサービスには見えますが、役割がぜんぜんちがいます。サービス事業所も地域のニーズに合わせて展開する必要があります。

短期入所生活介護〜ショートスティ〜とは

短期入所生活介護(ショートスティ)とは「お泊り」のサービスです。同居家族の都合などによって、1日~2週間程度施設に宿泊ができるサービスとなっています。

在宅生活が難しくなってきた高齢者のためだけではなく、介護をしている家族の休息(レスパイト)のためにも利用されるサービスです。

在宅介護をしている家族からすれば、なかなか休息が取れないのが実情で、ストレスを軽減させる必要があります。そのために重要なサービスとなりますので、提供するサービス事業所としても、家族の状況などをしっかりと確認したうえでサービスをおこなう必要があります。

●介護保険施設への入所について

介護施設と呼ばれるものは、公的施設、民間施設を合わせると、とても多くの種類のものがあります。ここでは介護保険を活用して入所することができる「介護保険施設」をご紹介します。

介護保険施設は、「特別養護老人ホーム」「老人保健施設」「介護療養型医療施設」の3種類になっています。今後、介護療養型医療施設については、廃止の方向で新型老人保健施設などに転換される予定となっています。

特別養護老人ホームは「終の棲家」であり、人生最期の時間を施設で過ごすことができます。終身対応できる施設も増えてきました。24時間体制で介護職員、看護職員などが支援をおこないますから安心して生活ができます。

老人保健施設は、集中したリハビリを受けることができる施設で、在宅に復帰することを目的としています。理学療法士などリハビリの専門スタッフが多数常駐しています。多くは数カ月で退所することになっており、長期間入所することはできません。

介護施設への入所をためらう人もいますが、介護者の負担軽減や安心した生活をしたい人にはおススメすることができます。介護が必要な方とその家族が離れて暮らすことにより、いい関係が構築できることが多くあります。

介護施設を運営する事業所においても、家族の関係に重視していますので、入所したあとも、家族も含めて生活しているような、そんなアットホームな施設づくりをおこなっているのです。

まとめ

代表的な介護保険サービスの活用法についてご紹介しました。

介護離職が問題になっていますが、介護離職する人の多くは介護サービスをうまく活用できていないという調査結果もあります。

介護をするために離職をするのではなく、介護サービスをうまく活用することも必要ではないでしょうか。

介護サービスを運営している事業所においても、介護者をサポートするための用意をしております。

遠慮せずに介護サービスを活用して、うまく介護生活を乗り切って頂きたいと考えているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です